【ニューヨーク共同】米アマゾン・コムは14日、米国防総省がクラウド事業で米マイクロソフトと大型契約を結んだことに抗議する声明を出し、調査と是正を求めた。法的手続きを取る方針。アマゾンは優勢とみられていたが、受注を逃した。

 契約は110億ドル(約1兆2千億円)以上。「JEDI(ジェダイ)」と呼ばれ、省内のネットワーク近代化のための事業。米メディアは、トランプ大統領によるアマゾン創業者のベゾス最高経営責任者(CEO)批判が影響した可能性があると指摘していた。

 アマゾンは声明で「ジェダイの評価過程の多くで、明らかな不備や誤り、偏見があった」としている。