気象庁は15日、北海道で強い冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に雪を伴う非常に強い風が16日にかけて、吹くおそれがあるとして、猛吹雪による交通障害や、暴風、高波への警戒を呼び掛けた。

 16日にかけて予想される最大風速は日本海側の海上で25m、最大瞬間風速は35m。波の高さは6mの大しけとなる見込み。16日午前6時までの24時間予想降雪量は日本海側の多いところで50cm、その後の24時間で30~50cm。

 同庁は、車の運転が困難になるような見通しの全く利かない猛吹雪や、吹きだまりによる交通障害、高波による沿岸施設への被害に警戒を求めた。