囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)は14日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれた第76期本因坊戦予選Cで宇谷俊太二段(27)を破って予選Bに進出した。今回の勝利で、国内棋戦で男性棋士に6連勝となった。

 対局は持ち時間各3時間。仲邑初段は250手で白番中押し勝ちし、「中盤までずっと良い勝負だと思っていた。(次も)勝てるように頑張ります」とコメントした。仲邑初段は次戦の予選Bで、王座を獲得した実績を持つ羽根泰正九段(75)と対戦する。

 仲邑初段は9月に十段戦予選で古田直義四段(51)から白星を挙げて以来、国内棋戦で男性棋士に負けなしの連勝が続いている。