【マニラ共同】フィリピン入国管理局が13日、マニラで日本人の男36人を拘束したことが分かった。日本に振り込め詐欺の電話をかけていた特殊詐欺グループの疑いがあるとみて調べている。入管関係者が14日、明らかにした。

 警視庁が、フィリピンで詐欺の電話をかける「かけ子」をしていた疑いのある日本人4人を帰国時に逮捕していたことも、捜査関係者への取材で判明。警視庁は今回拘束されたグループと関連があるとみて実態解明を進める。

 入管関係者によると、日本の捜査当局からグループに関する情報提供があり、13日午後、マニラのホテルで36人の身柄を拘束、入管の収容施設に移送した。