野党は13日、来年の「桜を見る会」中止決定を受け「中止して済む話ではない」(共産党の小池晃書記局長)として、過去の開催状況の追及を続ける方針を強調した。安倍晋三首相の地元支援者が多数招かれた疑いが強いとみて、首相の事務所による関与の有無に焦点を当て、衆参両院で予算委員会集中審議の開催を求めていく考えだ。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は「首相が自ら国会に来て疑問に答えない限り、この話はエンドレスで続く」と述べた。小池氏は「問題ないと胸を張っていたものを一転中止した。よほどやましいことがあったということで、公的行事を私物化していたと認めたも同然だ」と述べた。