今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督や選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が13日、東京都内で行われ、ソフトバンクを3年連続の日本一に導いた工藤公康監督が選手として選ばれた1987年、監督就任後の2015、18年に続く4度目の受賞を果たした。

 4度目の選出はソフトバンクの王貞治球団会長に並び史上最多。2年連続は1994、95年のイチロー外野手以来、2人目となった。

 選考委員会の座長を務めた王会長は「勝ったということだけでなく、思い切った用兵など、なかなかできないことを貫いたのが素晴らしかった」と説明した。