台風19号の影響で行方不明になっている茨城県常陸大宮市の70代男性について、県警と消防の計約80人が13日、那珂川を一斉捜索した。男性が不明になったとみられる沢の下流にある那珂川大橋から約4キロ下った大桂大橋までの間を、ヘリコプターやボートも使って捜索した。

 市などによると、男性は先月12日夜、「外を確認する」と家を出た後、連絡が取れなくなった。持っていた懐中電灯などは、自宅近くの田んぼの用水路で見つかっている。

 これまでも捜索を継続していたが、台風から1カ月が過ぎたため、大規模捜索を決めたという。県警の桑原充警備課長は「どうにか発見したい」と話した。