北日本(北海道、東北)は14~16日、雪を伴う非常に強い風が吹き、海は大しけになる見込み。気象庁は13日、暴風や高波、大雪や猛吹雪、吹きだまりによる交通障害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、14~15日に前線を伴った低気圧が日本海北部から間宮海峡を急速に発達しながら北上。16日ごろにかけて北日本は冬型の気圧配置が強まりそうだ。14日夜から北日本の上空約1500メートルに平年より10度ほど低い真冬並みの寒気が流れ込むとみられる。

 また北海道の日本海側を中心に14日夜から16日ごろにかけて大雪になる見通し。電線への着雪、雪崩にも注意が必要になる。