日産自動車は12日、2019年9月中間連結決算を発表した。日本や北米、欧州などでの販売低迷が響き、純利益は前年同期比73・5%減の653億円、本業のもうけを示す営業利益は85・0%減の316億円となった。20年3月期の業績予想も下方修正。純利益を1700億円から1100億円に、営業利益を2300億円から1500億円に見直した。

 19年度上半期の世界販売台数は前年同期比6・8%減の250万1千台だった。

 日産は会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前会長カルロス・ゴーン被告が主導した拡大路線脱却を目指すが、依然厳しい道が続く。