大阪府東大阪市新町で、大阪地検がワゴン車で護送していた大植良太郎被告(42)=覚せい剤取締法違反(所持と使用)の罪などで公判中=が逃走した事件で、捜査当局が10日に府内で大植被告に似た男を発見していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。追跡したが、車で逃走したという。

 大植被告をかくまったとして捜査当局が犯人蔵匿容疑で、大阪市の知人の男を逮捕していたことも判明。大植被告は関係者の手助けを得て逃走を続けているとみられ、捜査当局が行方を追っている。

 逃走した現場近くの小学校では同日、教員や地域住民が児童の登校の見守りを強化した。