優れた科学や芸術の功績をたたえる第35回京都賞の授賞式が10日、国立京都国際会館(京都市)で開かれた。主催する稲盛財団から、米ロチェスター大のチン・W・タン名誉教授(72)ら3人に記念メダルと、賞金1億円がそれぞれ贈られた。

 他の受賞者は米プリンストン大のジェームズ・ガン名誉教授(81)と、フランスの女性演出家アリアーヌ・ムヌーシュキン氏(80)。

 有機発光ダイオードの基本構造を考案し、スマートフォンなどで使われる有機ELディスプレーの実用化に寄与し、先端技術部門で選ばれたタン氏は「確立したと思われていることにも疑問を問い掛けることが重要だ」と訴えた。