来春に甲子園球場で開催される第92回選抜高校野球大会の出場校選考の重要な資料となる秋季大会は10日、東京で国士舘が2年連続の優勝を果たして10地区全てが終了した。各地区の優勝校は15日開幕の明治神宮大会に出場する。

 近畿は天理(奈良)が大阪桐蔭を下して5年ぶりに優勝。北信越は星稜が日本航空石川を圧倒し2年連続優勝。

 東海は中京大中京(愛知)が11年ぶりに頂点に。東北は仙台育英(宮城)が3年ぶり、四国は明徳義塾(高知)が2年ぶりに制した。

 北海道は白樺学園、関東は高崎健康福祉大高崎(群馬)、中国は倉敷商(岡山)がいずれも初制覇。九州は明豊が大分商を下した。