【成都共同】自転車の都市型種目の世界選手権は10日、中国四川省成都で東京五輪の新種目となるBMXフリースタイル・パークの決勝が行われ、男子は今季のワールドカップ(W杯)で種目別優勝した17歳の中村輪夢(ウイングアーク1st)が87・80点の5位で表彰台を逃した。

 女子は大池水杜(ビザビ)が56・40点で10位だった。

 男子はブランドン・ルーポズ(オーストラリア)が93・20点で初優勝し、女子はハナ・ロバーツ(米国)が90・00点で2大会ぶりに制した。