愛知県稲沢市で2016年、塾講師角田幸司さん=当時(60)=が殺害された事件で、県警稲沢署捜査本部は10日までに、殺害を隠して生命保険金をだまし取ろうとしたとして、角田さんの当時の妻で介護ヘルパーの菅井優子被告(51)=殺人罪などで起訴=を近く詐欺未遂容疑で再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査本部によると、角田さんと菅井被告は15年7月に結婚。角田さんには、直後に菅井被告を受取人とする3千万円の生命保険がかけられた。

 菅井被告は16年2月、元交際相手の男と共謀し、角田さん宅で角田さんを刃物で刺殺、住宅に放火して全焼させたとされる。