国際バスケットボール連盟は1日、宇都宮市で東京五輪の新種目として実施される3人制の出場国の一部を発表し、日本は男子に開催国枠が与えられた。

 男女各8枠のうち、同日付の世界ランキング上位など4チームずつの五輪出場が決定。日本は当初、男女とも開催国枠を得られる見通しだったが、FIBAと国際オリンピック委員会(IOC)の協議で、同枠での出場は男子か女子のランキング上位のみとされた。日本の女子は来年3月にインドで開催される五輪予選に出場する。

 男子は日本の他にセルビア、ロシア、中国が出場権を獲得。女子はロシア、中国、モンゴル、ルーマニアの出場が決まった。