2020年度開始の大学入学共通テストへの英語民間試験導入見送りを決めたことを受け、文部科学省は1日、24年度をめどに開始を目指す新形式の英語試験に関する検討に入った。萩生田光一文科相は民間試験の活用中止も選択肢に含めた抜本的見直しに取り組む考えを強調。関係者を集めた検討会議を新たに立ち上げ、1年間かけて、経済格差や地域格差に配慮した形で「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る具体案を示す方針だ。

 民間試験は、従来の大学入試センター試験では4技能のうち「書く・話す」の測定が困難だとして、導入が決まっていた。