【上海共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズで米、欧州ツアーを兼ねるHSBCチャンピオンズは1日、上海のシャサン国際GC(パー72)で第2ラウンドが行われ、70位で出た松山英樹は6バーディー、1ボギーの67と伸ばし、68で回った堀川未来夢とともに通算2アンダー、142で32位に浮上した。首位とは9打差。

 75の浅地洋佑は通算1オーバーで56位、74の川村昌弘は2オーバーで61位、14位で出た石川遼は79と崩れ4オーバーで66位に後退した。

 マシュー・フィッツパトリック(英国)が67と伸ばし通算11アンダー、133でトップに立った。