スマートフォン用ゲームアプリ「妖怪三国志 国盗りウォーズ」の課金アイテムを不正に入手したとして、神奈川県警は1日、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、兵庫県姫路市の高校1年の男子生徒(16)を書類送検した。

 神奈川県警によると、男子生徒は課金アイテムを無料にするツールを悪用。不正にアイテム数を増やしたゲームのアカウント計五つをフリマアプリで販売し、計9万7500円相当の利益を得ていた。「小遣い稼ぎのためだった」と容疑を認めている。

 書類送検容疑は昨年1月、自宅でスマホを使い、アプリ内の三つのアカウントで、課金アイテムを不正に入手した疑い。