【バンコク共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)の次期総裁選で、10月31日の届け出締め切りまでに日本政府が推薦する財務省前財務官の浅川雅嗣内閣官房参与(61)以外に候補が出なかったことが1日、分かった。事実上、浅川氏の新総裁選出が確実な情勢となった。複数の関係者が明らかにした。

 ADBによると、今月4~30日に加盟国・地域による投票が行われる。事実上の信任投票で、ADBへの出資比率に応じて決まる「議決権」と投票総数の両方で過半数の賛成を得る必要がある。関係者によると、加盟国から浅川氏に対する反対意見は特になく、信任される見通し。