気象庁は1日、10月の天候まとめを発表した。記録的豪雨をもたらした台風19号や低気圧の影響で、月降水量の平年比は北日本(北海道、東北)1・9倍、東日本(関東甲信、北陸、東海)2・6倍、西日本(近畿、中国、四国、九州)1・4倍に上った。沖縄・奄美は平年の半分以下だった。

 気象庁によると、全国153地点のうち、東北と関東の16地点で、10月としては1946年の統計開始以来1位の値を更新した。岩手県宮古市で675・0ミリ、仙台市で644・5ミリ、埼玉県秩父市で818・5ミリを観測、それぞれ平年の5倍超の雨量となった。