経済産業省と環境省は1日、来年7月の実施を目指すプラスチック製レジ袋の有料義務化について、環境に配慮した素材や繰り返し使える厚手の袋などを有料化の対象から外す方針を示した。両省の審議会小委員会は1日、合同会議を開いて議論し、大筋で了承した。意見を取りまとめた上でパブリックコメント(意見公募)を経て年内にも制度を改正する予定。

 制度改正案では、有料化の例外となるレジ袋について、植物由来のバイオマスプラスチックの配合率が25%以上や、厚さ0・05ミリ以上、微生物が分解する生分解性であることなどを条件とした。