安倍晋三首相が、大規模災害の対策や景気下支えのため、来週にも経済対策の策定を指示することが1日、関係者への取材で分かった。年末にかけて2019年度補正予算と20年度当初予算を一体編成して、それぞれに対策費を盛り込む見通し。20年度当初予算は社会保障費の増加なども反映し、2年連続で100兆円を超える公算が大きい。

 経済対策の策定は16年8月以来、約3年ぶり。各省庁は指示を受け、具体策を詰める。台風19号で河川の氾濫や堤防の決壊などの被害が出たことを受け、インフラ整備や被災地の復旧・復興を優先課題とする見通しだ。インフラ対策は新たな課題を検証する。