福岡国際マラソン(12月1日・平和台陸上競技場発着)の大会事務局は1日、国内招待選手として、10月の世界選手権(ドーハ)に出場した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)、藤本拓(トヨタ自動車)、福田穣(西鉄)、佐藤悠基(日清食品グループ)、マイケル・ギザエ(スズキ浜松AC)の5人を発表した。

 来年の東京五輪男子マラソン代表は、9月の「グランドチャンピオンシップ(MGC)」で2人が決定。残り1枠は、今大会から始まる対象3レースで2時間5分49秒を突破した最速の選手が選ばれる。ただし、MGCへの出場権が懸かった国内主要レースを完走していることが条件。記録突破者がいない場合は、MGC3位の大迫傑(ナイキ)が代表となる。

 MGCで藤本は9位、福田は22位、佐藤は23位だった。