日本ラグビー協会の森重隆会長は1日、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンの強豪国で競う南半球4カ国対抗の主催団体に対し、2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会後の24年以降に日本が参加したい意向があることを伝えた。

 森会長は清宮克幸副会長らを伴って東京都内で団体幹部と会談した後、取材に応じた。3カ国対抗で行われていた大会に、07年W杯で3位と躍進したアルゼンチンが12年から加入したことを例に挙げ「(次回のW杯でも)ベスト8に入れるようなチームをつくれたら挑戦したい」と語った。