女性記者が長崎市幹部に性暴力を受けたとして市を訴えた訴訟に関し、市議会で議員席から「被害者はどっちか」などと不適切なやじがあったとして、原告側弁護団などが1日、佐藤正洋議長に謝罪や発言者の特定を求める申し入れをした。

 弁護団によると、7月1日の一般質問で、池田章子市議が一連の問題の対応を市に質問した際、議員席側から男性の声でやじが飛んだ。

 弁護団は、被害者の尊厳を著しく傷つけると批判。佐藤議長は「不規則発言の内容は承知していないが、抗議を重く受け止める」と回答し、会派の代表を集めて対応を検討する方針を示した。