経済産業省と環境省は1日、プラスチック製レジ袋の有料義務化に関する見直し案を公表した。来年4月としていた実施時期を来年7月に延期することを盛り込んだ。準備が間に合わないとの産業界の意見を考慮した。

 両省は同日、審議会の小委員会の合同会議を開き、実施時期や有料義務化の例外などについて議論する。委員らの了解を得た上で、パブリックコメント(意見公募)を実施し、年内の制度改正を目指す。

 これまで2回開かれた合同会議では、小売業界などから客への周知や従業員の研修に時間が必要との意見が相次いだ。両省は東京五輪に間に合うよう7月実施案を示すことにしたとみられる。