兵庫県姫路市立小で2017年、20代の男性臨時講師が同僚の教諭から「1回死んでこい」との暴言や暴力を受けたことを理由に退職していたことが1日、市教育委員会への取材で分かった。

 市教委によると、17年8月27日、同僚数人との飲み会で30代男性教諭が臨時講師に「1回死んでこい」と暴言を浴びせた。30代女性教諭は頬をたたいた。男性教諭は学校の聞き取りに「泥酔して覚えていない」と話し、女性教諭は「軽く頬に触れただけ」と否定した。

 臨時講師は翌日に校長に暴行や暴言について伝え、その後に加害者の教諭らから謝罪を受けた。臨時講師は同月末で退職した。