菅原一秀前経済産業相に続き、河井克行前法相が公選法違反疑惑で辞任したことに関し、閣僚からは1日「大変残念だ」(高市早苗総務相)との声が出た。政治不信が高まらないよう、再発防止への取り組みが重要だとの意見もあった。

 菅義偉官房長官は記者会見で「こうしたことが二度とないよう、しっかり取り組みたい」と強調。梶山弘志経産相は「公選法だけでなく社会の規範を認識しながら襟を正していくことが重要だ」と指摘した。

 武田良太国家公安委員長は「厳しい批判は真摯に受け止める」とし、小泉進次郎環境相は「閣僚のメンバーが辞任に至ったのは大変残念だ。一層気を引き締めたい」と語った。