1日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=107円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比66銭円高ドル安の1ドル=107円94~95銭。ユーロは83銭円高ユーロ安の1ユーロ=120円40~41銭。

 米中貿易摩擦への懸念が再燃し、投資家のリスク回避姿勢が強まり、比較的安全とされる円が買われた。米金利の低下も円買いにつながった。外為ブローカーは「米国につられた株安も円高に拍車を掛ける」との指摘もあった。