2020年東京五輪の暑さ対策としてマラソンと競歩の開催地を札幌市に変更する国際オリンピック委員会(IOC)の計画を巡り、東京都、IOC、大会組織委員会、政府の4者協議が1日、東京都内で開かれる。五輪を主催するIOCが会場決定権を持っているため、移転案が決まる見通しだが、大会関係者によると、小池百合子都知事は相談なく札幌への変更が公表されたことに反発しており、都側は同意を明言しない可能性がある。

 都側は合意できなかった場合の開催準備への影響も考慮。4者協議では、都に移転開催の費用を負担させず、2種目以外の新たな会場移転をしない方向性を提示するとみられる。