プロ野球はクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)が9日、セ、パ両リーグで開幕し、セは5年ぶりにリーグ優勝した巨人がレギュラーシーズン3位から勝ち上がった阪神を5―2で下し、パは2位ソフトバンクがリーグ2連覇の西武に8―4で逆転勝ちした。リーグ優勝チームには1勝のアドバンテージがあるため、巨人は2勝差とし、西武とソフトバンクは五分で並んだ。

 セは巨人が一回、丸と岡本の2者連続本塁打で2点を先制。二回に適時打で3点を加えた。

 ソフトバンクは2―4の七回にグラシアルのソロで1点差とし、八回に代打長谷川勇の適時打と捕逸で2点を奪い逆転した。