秋田県北秋田市の渓谷・小又峡で男女2人が流され女性1人が死亡した水難事故で、県警北秋田署は9日、女性の身元は、遺体の特徴などから静岡県藤枝市青葉町の無職加納智恵子さん(74)と判明したと発表した。溺死とみられる。

 地元ガイドの会社役員小野信也さん(73)=秋田県仙北市=は行方不明のままで、同署などが10日も捜索を続ける。

 事故は8日午後に発生。ツアー客16人、ガイド、添乗員各1人が北秋田市の「三階滝」を訪れる予定だった。小野さんが加納さんの手を引き誘導している最中、雨で増水した川に流されたとみられる。橋の上にいた男女3人も一時孤立したが、自力で脱出した。