【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)ら3氏に授与すると発表した。スマートフォンなどに広く使われるリチウムイオン電池を開発し、現在の情報化社会を支えるほか地球温暖化の解決にもつながる成果として高く評価された。同アカデミーは「私たちの生活に革命をもたらし、人類に偉大な貢献をした」とたたえた。

 日本人のノーベル賞受賞は27人目で、化学賞は8人目。吉野氏は東京都内で記者会見し「受賞は非常にうれしい。電気自動車が普及すれば、環境問題の解決に貢献できる」と述べた。