関西電力の筆頭株主である大阪市の松井一郎市長は9日、八木誠会長の辞任を「遅きに失した」と批判する一方で「(金品受領問題に)関係した全ての役員は退くとのことで一定評価できる」とも述べた。第三者委員会に市の推薦委員は入らなかったが、選ばれた委員が「独立している」とし、株主代表訴訟の提起は第三者委の結論を踏まえて検討するとした。

 市役所で記者団の質問に答えた。

 松井氏はこれまで「金品を受け取った全ての人が責任を取るべきだ」と述べ、経営陣の刷新を要求。第三者委に市の推薦委員を加えるよう要請し、橋下徹元市長を「有力候補」とも述べていた。