イオンが9日発表した2019年8月中間連結決算は純利益が前期比64・1%減の37億円だった。傘下企業で判明した過去の不正会計問題による修正額を一括計上したことが響いた。

 売上高に当たる営業収益は0・6%増の4兆2902億円で過去最高を更新した。本業のもうけを示す営業利益は3・9%減の863億円だった。ドラッグストアやモール事業は好調だったが、総合スーパーや食品スーパーは7月に雨が多かった影響で不振だった。

 不正会計は家事支援などを手掛けるカジタク(東京)で発覚した。この問題の影響額がなければ純利益は10・9%増の117億円で増益を確保していたとしている。