愛知県豊田市で2018年1月、生後11カ月だった三つ子の次男を床にたたきつけ死亡させたとして、傷害致死罪に問われた母親松下園理被告(31)を懲役3年6月の実刑とした一、二審判決が9日、確定した。検察、弁護側双方が上告しなかった。

 弁護側は一、二審を通じ「被告は重度の産後うつによる心神耗弱状態だった。執行猶予付き判決が相当だ」と主張。「同種の事件と比べ一審判決は重すぎる」と控訴したが、名古屋高裁は9月24日、被告の完全責任能力を認め控訴を棄却した。

 多胎育児支援団体が一審判決に「多胎育児の過酷さを正しく評価できていない」と減軽を求めるなど波紋が広がった。