航空自衛隊は9日、東京・有明の東京臨海広域防災公園で、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を報道陣に公開した。自衛隊や在日米軍の施設外での展開訓練は2013年以来4回目。北朝鮮がミサイル発射を繰り返す中、国民の不安を払拭する狙いがある。

 隊員約30人が参加。迎撃ミサイル発射機1基のほか、レーダーや電源などを積んだ車両計15台ほどを公園に並べ、声を掛け合いながら配線をつなぎ、約20分かけて発射までの手順を確認した。河野太郎防衛相と小池百合子東京都知事が視察した。