【北京共同】米プロバスケットボールNBAのロケッツの幹部が香港情勢に関してツイートし、中国側が反発している問題で、中国国営中央テレビは8日、NBAのプレシーズンゲームの中継を当面取りやめるとの声明を出した。公式戦映像配信などを行っているIT大手の騰訊控股(テンセント)も、8日から配信を一時打ち切ると表明した。

 NBAのアダム・シルバー・コミッショナーは7日、共同通信の取材に対し、幹部の表現の自由を尊重すると発言。中央テレビはこれに対し「強烈な不満と反対」を表明した。NBAとの協力関係を見直す可能性もあるとしている。