サッカー日本代表は8日、ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組のモンゴル戦(10日・埼玉スタジアム)に向け、さいたま市内で冒頭以外を非公開として調整した。合宿2日目で吉田(サウサンプトン)や代表復帰の浅野(パルチザン)らが合流し、全23選手がそろった。

 練習冒頭では久保建(マジョルカ)らが入念にウオームアップし、帰国から時間がたっていない吉田らはランニングで体をほぐした。

 日本は15日には、予選3戦目でタジキスタンと敵地で対戦する。