【ソウル共同】韓国のチョ・グク法相は8日、ソウル近郊で記者会見し、自身の検察改革案を公表した。絶大な捜査権限に対する批判を背景に、特捜部を「反腐敗捜査部」に改編するなど直接捜査の縮小を掲げたほか、検事長らの専用車両を廃止。長時間や深夜の取り調べを禁止する方針を示した。

 不当な別件捜査を制限し、検事の他機関への派遣も最小化するとした。チョ氏は「国民の人権を尊重して節制した検察権を行使するよう、誤った捜査慣行をただしていく」と表明した。

 一方、検察が背任容疑などで請求したチョ氏の弟に対する逮捕状発付の是非について、裁判所は8日、審査に着手した。