関西学生野球秋季リーグ第6節第3日は8日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で3回戦2試合が行われ、京大が関学大に4―0で快勝、2勝1敗として2014年秋以来、10季ぶりに勝ち点1を獲得した。近大は立命大に2―1で逆転勝ちし、2勝1敗で勝ち点を4とした。立命大は同2。

 京大は0―0の六回1死一、三塁から北野の適時打で均衡を破ると、西、脇らも続き、この回に6安打を集めて計4点を奪った。投げては先発の仲村が6回4安打無失点と好投。長谷川―藤原とつないで関学大を零封した。