国土交通省は8日、日航に対し、パイロットの飲酒不祥事が相次いでいるとして、航空法に基づく事業改善命令を出した。同省で命令書を受け取った日航の赤坂祐二社長は「深刻かつ危機的な状況であると認識している。不退転の決意で再発防止を図る」と謝罪した。

 命令書によると、日航では今年4~9月にかけて、国際線機長や国内線副操縦士ら計3人のパイロットから乗務前の呼気検査でアルコールを検出した。

 日航は昨年12月にも飲酒問題を理由に改善命令を受けている。国交省は、日航が取り組んでいる安全教育などが不十分だとして、同じ問題で2度目となる異例の命令に踏み切った。