サッポロビールは8日、発泡酒や第三のビールを含むビール類の缶や瓶商品で賞味期限を3カ月延長し、12カ月にすると発表した。一部の限定品を除くほぼ全ての商品が対象。製造時期の表示も「年月旬」から「年月」に変更する。2020年3月以降の製造分から順次変える。食品ロス削減や作業効率の改善に向けた取り組みの一環で、ビール業界では初という。

 製造や保管方法などを再検証した結果、これまでよりも長い賞味期間が保証できると判断した。

 東京都内で記者会見したサッポロの宮石徹取締役執行役員は「持続可能な社会の実現に向けて積極的に取り組みたい」と述べた。