愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会は8日、中止している企画展「表現の不自由展・その後」を同日午後2時10分に再開すると発表した。展示への抗議が殺到し、8月1日の開幕から3日間で中止に追い込まれた不自由展は元通りになる。公開は芸術祭最終日の今月14日までの7日間。

 会場の安全を確保するため、入場は抽選方式を取り入れ制限する。不自由展は元慰安婦を象徴する「平和の少女像」や昭和天皇を扱った映像など、国内外の16組の作家による23作品で構成。中止決定後、展示スペースの扉は閉鎖されている。