【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのドラフト1巡目新人、八村塁が7日、本拠地で行われたニックスとのオープン戦初戦に先発し、約21分のプレーで12得点、4リバウンドだった。試合は99―104で敗れた。

 八村は6月のドラフト会議で日本人初の1巡目指名を受け、ウィザーズに入団。7月には若手中心のサマーリーグに出場し、この試合が初の主力選手との対戦だった。ウィザーズはオープン戦を5試合行い、23日にマーベリックスとのレギュラーシーズン初戦に臨む。