【ソウル共同】韓国の電機大手、サムスン電子が8日発表した2019年7~9月期連結決算(暫定集計)は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比56・2%減の7兆7千億ウォン(約6900億円)となった。売上高は5・3%減の62兆ウォンだった。半導体の市況が悪化する中で、韓国メディアは市場予想を上回る業績だったと報じた。

 日本政府は7月以降に半導体材料の輸出規制を強化したが、聯合ニュースは、日本の対応がかえってIT企業による半導体の駆け込み需要を増やし、「業界に肯定的影響を及ぼしたと推定される」と伝えた。