楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は7日、今季1年契約で指揮を執った平石洋介監督の去就について近日中に本人と話し合いを行う考えを明らかにした。「時間をかけずに話していこうと。これから監督といろいろと話して、議論していかないといけない」と話した。

 平石監督は昨年途中から監督代行を務め、今季から監督に昇格。71勝68敗4分けで3位になり、チームを2年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)出場に導いた。ファイナルステージ進出はならなかったが、石井GMは「3位は最低限の目標。中長期的に優勝を目指すチームをつくっていかないといけない」と説明した。