阪神が粘り勝ちした。1―1と追い付かれた直後の八回、1死一塁で代走起用された植田が二盗、暴投で三進。梅野のやや浅めの中堅への飛球で生還した。投げては懸命の継投だった。七回に同点にされ、なお1死満塁で救援したドリスが後続を断ち、藤川は八回から2回を抑えた。

 DeNAは筒香、ロペスが無安打。自慢の長打力を封じられた。