「砂の器」「黒い雨」など日本映画の名作を数多く手掛けた撮影監督の川又昂(かわまた・たかし)さんが5日午後3時5分、多臓器不全のため神奈川県藤沢市の病院で死去した。93歳。水戸市出身。葬儀・告別式は8日正午から藤沢市藤沢493、カルチャーBONDS藤沢で。喪主は妻ノブヨさん。

 戦後、松竹大船撮影所で撮影を担当。「東京物語」など小津安二郎監督の撮影助手を務めた後、1960年代に大島渚監督の問題作「青春残酷物語」「日本の夜と霧」で手腕を発揮した。

 松本清張さん原作の「砂の器」では日本の四季を詩情豊かにとらえた。モノクロの「黒い雨」は国内外で高い評価を受けた。