肺の難病と診断され、募金で費用を集めて米国で移植手術受けた神奈川県立相模原高2年の田村真子さん(16)が7日、相模原市で記者会見し、「元気になって何でもでき、うれしくて幸せいっぱい」と声を弾ませた。年明けには募金活動をしてくれた同級生に、学校で元気な姿を見せる予定だ。

 田村さんは7月に米国のフロリダ大病院で手術を受けた。順調に回復し、今月4日に帰国。現在は免疫抑制剤などによる治療を続けている。一緒に渡米し、術後も付き添った父親の会社員佐智夫さん(56)は「真子の目が輝いています。協力してくれた皆さまに感謝の一言しかありません」と述べた。